天文学を大学で学びたい。進学する前に考えることは?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

宇宙好きの君ならば、

 

天文学を大学で学びたい。

 

そう思っているかもしれない。

 

昔は、東京大学、京都大学、東北大学などごくわずかな大学でしか天文学を学べないという情報しか得ることができませんでした。

しかし、今では多くの大学で、卒業研究として「天文」に関連した研究を選択することができることがわかっています。

 

ここでは、天文学を大学で学びたいと考えている君に、天文学関連のコースのある大学についてと、進路の決め方についてのお話しします。

 

天文学の学びたい!でもその前に考えること

高校までは物理で間接的に、宇宙に関連した授業を学んできました。

地学は理系で履修することができる高校がほとんどありません。

そのため、高校は我慢して大学で宇宙のことをいっぱい学びたいと思うかもしれません。

 

実をいうと大学の講義で、教養レベルであれば、非常に多くの大学で宇宙関連の講義を開講しています。

強いて言えば、文系のみの大学でも天文学者のいる大学では、宇宙関連の講義を受けられる場合もあるのです。

 

とある小学校教員養成課程(文系)の大学に所属している先生に話を伺う機会がありました。

その先生のところでは、講義の時間を後ろにずらして、望遠鏡などで天体を観測する時間をとって、少しでも天文に触れる機会をつくっているとおっしゃっていました。

 

 

ですが、天文学は本格的に学となると、数学と物理の知識をふんだんに使います。

教養レベルであればお話でおわるのですが、実際の天体現象を理解しようとすると、数学と物理を使わないと理解するのが難しいのです。

 

そのため、天文学を学ぶ前に、大学の講義で、数学と物理が十分に学べる環境であることを確認します。

大学で受けられる講義には限りがあります。
天文学の講義があれば、その講義を受けるときは満足するかもしれません。

 

しかし、基本である数学と物理がおろそかになっては、せっかく天文学の学習ができなくなってしまいます。

天文学の講義があるという内容だけでなく、数学・物理を含めて、天文学を総合的に学ぶことができるかどうかを確認する必要があるのです。

 

天文学を本格的に学ぶのはいつ?

天文学は、大学で学習する数学・物理をふんだんに使います。

そのため、数学・物理の講義が多くなります。

物理だけを見ても、

 

  • 力学
  • 解析力学
  • 電磁気学
  • 熱・統計力学
  • 量子力学
  • 波動
  • 物理実験
  • 計算物理学
  • 相対性理論
  • 流体力学

 

といった項目があります。

これらのカリキュラムの他に、物理で使う数学の講義も入ります。

 

量が多いので、これらの内容が全て終わるのは大学3年生ぐらいになってしまいます。

大学によっては、各学年に天文学系の名前の入った講義がある場合もあります。

 

ですが、実質的な内容は物理や数学であるということもあります。

本格的な天文学の講義は、ごくわずかになります。

従って、本格的な天文学の学習の第1歩を踏み出すのは、研究室に配属されてからになるのです。

 

天文学系のコースがある大学は?

天文学は、物理と数学を学習してから本格的に学ぶことになります。

ただ、天文学や宇宙系のコースがある大学もあります。

このような大学では、物理や数学を学習する際、折に触れて宇宙関連の話題が出てくることが期待できます。

 

例えば、

 

  • 力学   :二体問題や三体問題といった内容
  • 電磁気学 :パルサー
  • 熱力学  :スペクトル
  • 相対性理論:ブラックホール

 

といった内容です。

その単元を学習しているときに、時間の都合上、軽く触れるだけかもしれません。

 

でも、関連性のあることが分かれば、やる気が変わるかも?!

そこで、天文学や宇宙系のコースのある大学を紹介します。

天文学や宇宙系のコースのある大学は、

 

  • 東北大学 理学部 宇宙地球物理学科
    (天文学専攻、地球物理学専攻)
  • 東京大学 理学部 天文学部
  • 京都大学 理学部 理学科 宇宙物理学専攻
  • 神戸大学 理学部 惑星科学科
  • 愛媛大学 理学部 理学科 宇宙物理学コース(理学科は2019年設置予定)
  • 鹿児島大学 理学部 物理科学科 宇宙コース
  • 岡山理科大学 生物地球学部 生物地球学科 天文学コース

 

です。

注:ここで挙げた大学はあくまで、コースとしてある大学です。

 

進学する大学を決める前に考えることは?

コースとしてある大学は7大学です。

しかし、コースとしてはなくても、カリキュラムが充実している大学はたくさんあります。

 

大学を選ぶ際に大切なのは、進学を希望する大学に自分の学びたい天文・宇宙のことと近いことを研究している研究室があるかどうかです。

コースがあるかどうかはその次です。

 

大学で天文・宇宙を本格的に学ぶのは、研究室に配属されてからです。

天文・宇宙のことを学ぶ内容は、研究室で行っている研究に大きく影響します。

 

すなわち、研究内容で志望する大学を決めるのが先です。

その上で、その大学で数学・物理の講義が充実しているかどうかを調べ、さらに天文宇宙の講義で学べるかどうかを調べ、進路を決めます。

 

コースから選んでもいいのですが、興味のない天文・宇宙の内容だったならば、学習に身が入りません。

だからこそ、自分の学びたい内容に近い研究を行っている研究室を探すのが先決なのです。

 

まとめ

天文学や宇宙系のコースを設置している大学は全国に7大学あります。

ですが、コースとしては設置していないものの、カリキュラムが充実している大学はたくさんあります。

 

まずは、大学の説明会や宇宙を学べる大学合同説明会に参加して、自分の学びたい宇宙の内容が学べる大学なのかを見極めることが大切です。