宇宙を研究できる大学。自分の選んだ学校はいいところ?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

宇宙の研究ができる大学は、全国にたくさんあります。

受験して進学する際には、その中でたった一校を選ぶことになります。

 

たった一校ですので、自分が受験する予定の大学がいい大学かどうか、気になるのはもっともの話です。

 

大学によって宇宙の研究内容が異なるため、自分の選択できる範囲で、いい大学を選びたいですよね。

 

 

でも、どの大学がいいかを決める前に、考えていただきたいことがあります。

それは、

 

自分は宇宙の何を研究したいのか?

 

ということです。

 

 

一口に宇宙と言っても、いろいろな研究があります。

 

  • 宇宙論
  • 相対論
  • 重力波
  • ブラックホール
  • 中性子星
  • 恒星の形成と進化
  • 惑星の形成と進化
  • 天体の軌道計算
  • 銀河、銀河団
  • 軌道計算などで出てくる数学的問題

 

などなど。

 

 

しかし、どの大学に行ってもこれらをすべて学べるとは限りません。

大学にその研究をしている先生がいて初めて、その分野のことを学ぶことができるのです。

 

先生によって研究内容が異なります。

したがって、大学での宇宙の研究内容は、学校ごとに全く異なります。

 

 

大学での講義は卒業研究での内容が理解できるよう、カリキュラムが組まれています。

 

例えば、ブラックホールの研究がやりたかったのに、太陽系形成の研究をやっている大学に進んだらどうでしょう?

 

太陽系形成の過程では、万有引力が最も大きな影響を与えます。

 

相対論が全く不要というわけではないのですが、それよりも大切なのは、

 

  • N体問題を数値計算でどのように処理するか?
  • 軌道計算の結果、どのような進化をたどったか??
  • 観測とシミュレーションとの差異はあるか?
  • ヤルコフスキー効果など非重力効果の影響は?
  • 電磁力と惑星成長との関係は?
  • どのような観測をすれば、形成現場をみることができるか?

 

などといったことになります。

 

そのため、カリキュラムによっては、相対論の講義がない可能性もあるのです。

ブラックホールの知るためには、相対論は必須です。

もちろん、相対論を考慮した、力学、電磁気学も必要になってきます。

 

でも太陽系形成では、相対論はメインにならないため、やりたいことができない事になってしまう可能性もあるのです。

 

したがって、ある人にはいい大学でも別の人には良くない大学になってしまうこともあるのです。

 

このような状態だと、せっかく大学で宇宙の研究をしたいという目標を達成したのに、面白みが半減してしまいます。

これだと、なんだかもったいない気がします。

 

 

そこで、どの大学はいいかを判断する前に「自分が何をやりたいか?」を考えるのです。

 

具体的には、宇宙のどのような分野の研究をしたいかの候補を5個あげて、順番づけします。

 

大学で宇宙の研究をしたいのは1つの分野しかないかもしれません。

それでも分野の候補を5個あげていただきたいのです。

 

1つの候補の場合、その候補が

 

  • 研究したい内容が日本ではやっていない。
  • 先生はいても、卒業研究でそのテーマが選べない。
  • 通える範囲で、研究したい内容をやっている大学がない。

 

という可能性があるからです。

 

研究したい内容の候補を5個あげることで、受験できる大学をいくつかあげることができるようにします。

 

その後、あげた候補を研究している大学を探します。

 

 

探す場合には、

 

  • スタッフがいて、研究室があること。
  • 卒業研究で、宇宙に関するテーマを選択できること。

 

は必ずチェックしてください。

 

実は1コマ、2コマぐらいであれば、宇宙に関連した講義を持っている大学が多いのです。

しかしこのような大学に進学しても研究室がなければ、卒業研究で宇宙に関連したテーマを選ぶことができません。

 

 

調べ方は、研究室のウェブサイトでチェックします。

研究室によってどこまで情報だしているかは、まちまちです。

 

そこで、ウェブサイトで研究室に所属している大学4年生がいるかどうかをチェックします。

研究室に大学4年生がいれば、そこで卒業研究を行っている可能性が高いからです。

 

メンバーをチェックした後、どのような講義があるのかなどをチェックします。

宇宙に関連した講義の内容なのかを知るには、各大学で公開しているシラバスがあります。

学校によっては外部の人には非公開の場合もあります。

 

ただ、このシラバスをすべて目を通すのは大変です。

そこで、研究室のサイトに着目します。

 

研究室のサイトに、先生が持っている講義資料がおいていることもあります。

こういった情報からどのような授業があるかが推測できます。

 

また、直接会話できるイベント「宇宙を学べる大学 説明会」に参加して、質問してみてもいいでしょう。

説明会では参加大学に直接聞くことができますので、情報を得るまたとない機会です。

このようにして、大学の情報を集めていきます。

 

 

いい大学かどうかは、自分のやりたいこととその大学でやっていることが近いかどうかが大きなウエイトを占めています。

まずは大学でやりたい宇宙の研究は何かの候補をあげてくださいね。

 

すべてはここからスタートです。