大学で宇宙を学ぶ! 入学後の講義やおすすめの書籍は?

大学に入って宇宙の勉強をしようと思ったときに、高校までとはなんだか違和感を感じるキャンパスライフ。

無理ももありません。小学校から高校まで12年間もお手本となる教科書や規則があり、その中で生活してきたのですから。

 

大学は高校までとは大きく違います。

どの講義を取る必要があるのか、どれを選択したらいいのかなど、全て自己責任です。

もちろん全く情報がないわけではなく、なんらかのガイダンスはあります。

しかし、その後は自分で選択することになります。

 

今まで窮屈した学校生活から解放されたと思う方もいらっしゃるかもしれません。

また、突然どこかに放り出された感じがして、どのようにしたらいいか戸惑う方もいるかもしれません。

突然今までとは違った環境に置かれると、すーっとしたと思ったり、戸惑ったりするのが人間です。

だから、そんな状態になっても気にしなくて大丈夫ですよ^^

夢と希望に満ちあふれた大学生活。

君は何を想像していますか?

 

大学に入って、

 

  • 勉強はほどほどにしてめいいっぱい遊んだり、
  • アルバイトに励んだり、
  • サークル活動に全力を注いだり、
  • もちろん宇宙の勉強を講義だけでなく、自分でもがんばったり・・・。

 

どれを選ぶかは、全て君自身が決めることです。

 

でも、アストロ部としては・・・、せっかく宇宙の勉強をするために大学に入るのですから、自分でも宇宙の勉強をと思います。

ですが、どれを選ぶかは君の自由な選択ですよ^^

 

 

ところで、大学に入ると、授業から講義と名前が変わります。

変わるのは名前だけではありません。

講義の内容や試験方法、レポートの提出・・・。

テキストや参考書がある講義や、先生が全てプリントを配布してくれる授業。プレゼンで授業を行うところもあれば、黒板を使っての授業、グループ方式で行う場合もあるかもしれません。

本当に先生ごとに違います。

高校だと、先生は違っても同じ教科書があって、試験があってと大体同じ流れをくんでいるのと大違いです。

 

さらに、講義時間に対して、学ばなければいけない内容が圧倒的に多くなります。

つまり、講義で触れることのできる内容はごくごく一部なのです。

 

高校まではxx時間授業をしなければいけないという規則があります。

そのため、規定時間を満たない授業が発生したら、他の余っている教科の時間を振り替えてそこで授業を行ったり、補習という形で時間を確保します。

もちろん、大学でも規定の時間はありますが、それを満たしていても、時間が足りないのです。

 

足りない部分はどうしたらいいか・・・?

これは自分でやるしかないのです。

というより、そもそも講義以外にも自分で勉強することがあらかじめ組み込まれているのです。

大学は、授業科目の内容に応じて単位を定めています。

この単位の取得数に応じて、進級や卒業資格などの判断として使われています。

1単位当たりの時間は45時間の学習を必要とする内容とするのが標準です。

 

しかし、授業時間は、講義・演習は15時間から30時間までの間で、実習・実験・実技は30時間から45時間までの間で決められています。

45時間分の学習が必要なのに、講義や演習の授業時間は15時間から30時間程度・・・。15時間から30時間足りませんよね?

一つの授業は大体15回ほどの講義があります。

1回の講義で1時間から2時間ほど時間が足りないのです・・・。

つまり、1つの講義に対しては1時間から2時間の予習・復習・演習を自分で行うことが「予め」組み込まれているのです。

 

もちろん、自分でこの時間分やるかどうかは、君自身が決めることです。

なお、実習・実験・実技の時間が講義・演習よりも長いのは、学校でしか使えない器具などがあると、家で学習できないことによります。

 

しかし、宇宙に関するテキストの情報は、意外にも少ないのです。

特に宇宙関連の書籍は、例え名著であっても、出版されてからしばらくたつとすぐに絶版になってしまうことが多いです。

そのため、大学の図書館や県立図書館など専門書が多くある図書館で探すことになります。

 

また、情報が不足している分、自力で集めても、断片的な情報しか得られない場合もあります。

そんなとき、どのような参考書や書籍があるのかの情報があるかだけでも違うと思います。

最初の一歩を踏み出すときに読む書籍、さらにステップアップするときに読む書籍、レベルアップするときに読む書籍など・・・。

 

アストロ部では、宇宙について勉強(研究)する高校生の君を応援しています。

このカテゴリーは、高校生の君が大学に合格したときに戸惑うことがないよう、

 

  • 大学ごとにどのような違いがあるか?
  • 大学の講義はどんな感じのものか?
  • 宇宙の勉強のできるおすすめの書籍は?
  • それぞれの大学でどのような卒業研究を行っているのか?
  • 天文学を学ぶのに必要な大学の講義は?

 

といった内容について解説します。

詳しくは各ページをご覧ください。

NO IMAGE キャンパスライフ

天文学の数式は難しい? 理解の助けとなる書籍を紹介します。

天文学の数式は、奇妙な関係がいくつもでてきます。例えば年周視差と距離との関係を表す式や、ケプラーの第3法則。右辺と左辺の単位を比べても、一致しないにもかかわらず、「=」で結ばれているのです。ここでは、天文学の数式を学ぶ際に理解の助けとなる書籍を紹介します。
NO IMAGE キャンパスライフ

理系の専門書は英語? 宇宙を学ぶには必要です。

理系の専門書は英語で書かれているものが多くなっています。むしろ研究の最先端に行けば行くほど、その傾向が強くなってきます。日本語のテキストは、出版されてもすぐに絶版になり、手に入らなくなる問題があります。理系の専門書は英語だと思って間違いありません。
NO IMAGE キャンパスライフ

大学から宇宙の科目の勉強を始めても間に合いますか?

初めて大学で宇宙の科目を勉強するとき、不安に思うかもしれません。理系の高校では多くの学校で地学が選択できずに物理を選ばざるをえないためです。しかし、大学にでてくる宇宙の科目には必ず何らかの法則がありますので、今まで学習した内容が大いに役立ちます。