宇宙を学べる大学の学部。コース次第で学べなくなることも?!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

宇宙は未知にあふれています。

まだまだわからないことだらけ。

次々と発見が報道されても、その発見がまた新たな謎を呼び起こすのです。

 

さらに、宇宙は物理学現象の実験場や検証の場でもあります。

物理理論は、検証されて初めて正しいと認められるのです。

そんな魅力ある宇宙について学びたいと思って宇宙を学べる大学に進学した。

けれども、そのコースは大学に入学すれば自動的に宇宙を学べる大学のコースに進めるとは限らない事例が増えてきました。

今回は、大学進学の際に留意すべき点について紹介します。

 

宇宙を学ぶ二つの方法

宇宙を学ぶための方法は、二つあります。

一つは宇宙を学べる大学に進学して宇宙を学ぶ方法。

もうひとつは、アストロ・アカデミアのような私塾や大学の先生が行う講演会に参加する方法です。

 

学ぶという観点から言えば、どのような方法でも宇宙を学ぶことができます。

しかし、大学に進学して宇宙を学ぶメリットは、実際に研究している現場を間近で見ることができます。

実はこのメリットは計り知れません。

 

本格的に宇宙の研究を行うためには、大学院に進学する必要があります。

大学院は「研究」を行うための基礎を学ぶ所です。

大学に進学することで、研究の現場を垣間見ることができるので、講演会などとはまた違った一面を見ることができるのです。

 

すなわち、大学と私塾や講演会との違いは、先生の研究している現場やすぐそばにいることができるということです。

宇宙の研究を本格的に行うのであれば、大学院に行く必要があります。

 

大学の施設に、大学学部と大学院があります。

大学院のみ設置している大学もありますが、多くの大学で、大学と大学院が両方設置されています。

大学と大学院が近いということは、大学にいながらして、研究について垣間見る機会が格段に多いことを意味しています。

研究の雰囲気を少しでも多く触れたいというのであれば、宇宙を学べる大学に進学することをおすすめします。

 

宇宙を学べる大学の進路で考慮すべきこと

アストロ部では、宇宙を学びたいと考えている高校生の君のために、宇宙を学べる大学の先生の一覧を作成し、掲載しています。

宇宙を学べる大学でも、そこに所属している先生の専門分野は千差万別です。

 

したがって、その大学にいる先生が何を研究しているのかということは、進学先を決める上で非常に重要になってきます。

最終学年では、どこかの研究室に所属し、卒業研究を行うことでしょう。

その研究室に所属するということは、先生の研究テーマに沿った宇宙の内容を学習することになります。

だからこそ、大学にいる先生がどのような研究をしているかが重要になってきます。

 

志望校を決める際には、先生がどのような分野の研究をしているかを調べて、自分の学びたい宇宙の研究分野かどうかは考慮してくださいね。

 

宇宙を学べる大学に進学したのに宇宙が学べない?!

ただ、最近は大学改革が行われています。

その結果、宇宙を学べる大学に進学したにもかかわらず、結果として宇宙を学べなかったというパターンがでる可能性があります。

一体、何が起こっているのでしょうか?

 

実は、大学入学時にはコースが決まっていなく、大学の途中でコースの振り分けを行う大学が増えてきているからです。

有名なのは東京大学の「進振り」ですね。

 

他の大学でも大学の学部に対して1学科のみにまとめ、その中に○○コースというコース別の仕組みを作っているところもあるのです。

当然、人気のコースは成績順などの方法で振り分けますから、大学に合格すれば自動的に宇宙を学べるわけではないのです。

 

もちろん、大学に合格して、その学科に進学すれば、宇宙を学べるというところもあります。

ただ、大学に進学しただけでは必ずしも宇宙を学べるとは限らない大学もあると言うことに留意してください。

 

進路を決める上で重要なこと。

このように、大学によっては入学時にコースが決まるわけではなく、途中からコース分けが発生する大学もあります。

そのため、進路を決める上で

 

大学に所属する先生が研究しているテーマ

の他に

 

進学する大学とその学部の特色

 

も考慮する必要があるのです。

 

大学は高校までと違って、教えるべき内容は決まっていません。

ただ、こういう教科を何単位以上取得し、卒業までに●●単位取得することという大まかな内容しか決まっていないのです。

 

高校までは学習指導要領があり、どこの高校でも教えるべき範囲に差異が出ないよう、管理されています。

しかし、大学ではそのようなことはありません。

 

就職に有利になるよう、TOEICに力を入れている大学もあるでしょう。

また、入学時にコースは定めず、大学入学後しばらくたってからコースを選択する大学もあるでしょう。

これらの大学や学部の方針は、高校生の君が大学に入学した後のキャンパスライフに大きく影響します。

 

そのため、先生だけで決めるのではなく、大学や学部の特色も考慮する必要があるのです。

進路を決める際には、

 

  • 大学に所属する先生が研究しているテーマ
  • 進学する大学とその学部の特色

 

この二つを考慮してくださいね。