理系大学院の英語。受験で使用されている民間試験について

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

高校生の君にとっては、大学院入試の話をするのは早すぎると思うかもしれません。

実は、英語は大学に入ってからも非常に重要な要素になってくるので、今回話題にしました。

今、大学入試では英語民間試験を活用が広まっています。2020年には大学共通試験でも活用されます。

 

それに先立ち、既に多くの大学院入試で英語民間試験を採用しています。

主に利用されているのは、

 

  1. TOEFL®
  2. TOEIC®(注1)
  3. IELTSTM

※注1、TOEIC®は、TOEIC® Listening & Reading Test、 TOEIC® Speaking & Writing Tests、TOEIC® Speaking Test、TOEIC Bridge® Testの4つに分かれています。どのテストのスコアが有効であるかは受験する大学院の募集要項で確認する必要があります。

 

の3つです。

どのスコアが有効であるかは受験する大学院によって異なります。

 

なお、東京大学の大学院のように当日 TOEFL® ITPテストを行うところもあれば、独自の英語の問題を出すところもあります。

 

スコアは2年間有効である資格が多いので、大学2年生から大学3年生あたりに受けたときのスコアを使うことになります。

受験の準備期間を1年とすると、勉強開始は大学に入ってからすぐということになります(もちろん大学受験が終わってからすぐに始めても大丈夫ですよ)。

 

つまり、大学4年の受験直前に大学院の受験を決めたのでは間に合わないのです。

受験時期が大学2年生から大学3年生になることを考えると、大学に入学したらすぐに試験の準備を始めないと厳しい状態になるでしょう。

 

 

大学院の英語で問題なのは、受験する大学院によって採用される英語民間試験が異なるということです。

TOEIC®とTOEFL®の両方のスコアをとっておいてどこにでも行けるようにしようという考えも浮かぶもしれません。

また、英語の民間試験はどれも同じ英語の検定試験だから、試験対策だけを行えばどうにかなると思ってしまうこともありえます。

 

ですが、実情は全く異なります。

TOEFL®は英語圏の大学や大学院に留学した時に授業について行けるかどうか、討論出来るかどうかを測るものです。

すなわち出てくる内容も大学の授業や日常生活で出てくるような話題になります。

現在、130を超える国々の10,000以上の大学や機関、その他の団体でスコアが活用されています。

 

それに対し、TOEIC®は元々が日本企業のグローバル化によって必要となる英語の、コミュニケーション能力を客観的に測るために開発されたものです。

したがって、出題内容もビジネス上で遭遇する話題が中心になります。

 

最近は、大学入試や大学院入試でも使われていますが、どちらかというと、就職や会社内の昇進や昇格の要件として使われていることが多いです。

このようにTOEFL®とTOEIC®では想定されている内容が全く異なりますので、出てくる単語やシチュエーションが当然異なります。

 

 

TOEIC®にしてもTOEFL®にしても実際の場面を想定して、その場面でどれだけ適切に英語で対応できるかを測るものです。

TOEIC®でxxx点とったからTOEFL®も大丈夫だと思っていても、そううまくはいかないのです。

ここに大きな落とし穴があるのです。

 

学校のテストにでてくる英語の、いわゆる試験のための問題は出てきません。

適切にコミュニケーションできるかどうかを見るための問題が出てくるのです。

大学に入学したら、大学卒業後に就職するのか大学院に進学するのかを早めに意識しておくといいでしょう。

さらに、大学院に進学する場合には、どの大学院に進学するかの目標を持って英語の試験で必要な英語民間試験の対策、受験を行うといいですね。

 

 

どの英語民間試験を受けるかはさておき、これらの英語民間試験の点数を上げるためには、なんとなく読めたというレベルではなく、しっかりと英語を理解する必要があります。

英語をしっかりと理解するときに必要なのが、

 

英文法

 

です。

どれが主語で、どれが目的語で・・・。

と確実に分けることができれば、英文全体で何を言っているのかの理解が早くなります。

ちゃんと読んでいるので、思い込みによる間違った推論になることはかなり減ります。

 

 

日本語でも文法がメチャクチャな文章だったらどうでしょう?

例えば、ある日本語の以下のような一文があったとします。

「関連して フライバイという力学と、言及し 潮汐力 乱す力として ケプラー運動を、導入する 軌道力学で重要な概念を 作用圏、ヒル圏という。」

なんだか意味が分かりませんよね・・・。

 

日本語もちゃんと文法があって、そのルールに従っているから理解できるのです。

ちなみに先の文章は、

 

フライバイの力学と関連して、ケプラー運動を乱す力として潮汐力に言及し、作用圏、ヒル圏という軌道力学で重要な概念を導入する。

天体と軌道の力学 東京大学出版会 木下宙著 P.65より引用

 

が基になっています。

 

高校でやっている英文法は、TOEIC®やTOEFL®の勉強の基本になっています。

今なんとなく英語が分かるという状態でしたら、ぜひ英文法をマスターしてください。

 

 

試験に出てこないからやらないというのではなく、英文法が基本になって次のステップで英語のコミュニケーションができるのですから、必ず役に立つのです。