理系の就職。宇宙関連の仕事を行っている企業はどこですか?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

宇宙関連に関する就活は、高校生の君が将来のことを考えたときに、最も気になることだと思います。

宇宙を学べる大学の研究室にも、就職先の概要を載せているのは、それだけ気になる方が多いということ。

宇宙関連の勉強をして、就職先でも宇宙関連の仕事ができるかどうか気になることだと思います。

しかし、企業は100%宇宙関連の仕事をしているわけではありません。

どちらかというと宇宙関連の仕事以外のほうが大きいところが多いのです。

そのため、他の製品やサービスで名前を聞いているけれども、宇宙関連の仕事をしているとは気がつかないことも多いのです。

そこで今回は、どんな企業が宇宙に携わっているかを初代はやぶさを例にしてご紹介します。

 

 

はやぶさでは、以下の企業が関わっています
(出典:ファン!ファン! JAXA 「ロケットや人工衛星、探査機の製造を担っている日本の企業を教えてください

ロケットや人工衛星、探査機の製造を担っている日本の企業を教えてください | ファン!ファン!JAXA!
皆様から寄せられるよくあるご質問と回答を掲載しています。

)。

 

はやぶさでは、システム全体のとりまとめはNECが行っていました。

各機器は、

  • イオンエンジン:NEC
  • 化学エンジン:三菱重工業
  • X線分光装置:明星電気
  • 地上のアンテナ系:三菱電機
  • 一計測技術:富士通
  • サンプル採取関連:住友重機械工業、日油技研工業、日本飛行機
  • 耐熱性カプセル:IHIエアロスペース
  • カプセル用パラシュート:藤倉航装
  • 衛星バス:NEC
    • リチウムイオン電池:古河電池
    • 軌道制御用の加速度計:日本航空電子工業

が製作しました。

 

 

はやぶさなどの人工衛星には、町工場の部品が使われていたと聞いたけど、名前が載っていないのでは?

と思うことでしょう。

実はここに名前が上がっているのは、JAXAと直接取引している会社のみです。

上記に挙げた企業から巡り巡って、町工場に部品を発注しているのです。

もちろん、上記に挙げた企業は非常に大きい企業ばかりなので、実際の現場には関連企業もたくさん関わっています。

ボイジャーは打ち上げから約40年で太陽系の外にでました。

40年前に作られて、それから1度もメンテナンスしていないにもかかわらず、今でも動いているのです。

しかも絶対零度に近い温度の場所を飛んでいます。

これってすごいことだと思いませんか?

宇宙に打ち上げた後で、何か機械の不具合が起こっても地上にいる私たちができることはほとんどありません。

そのため、探査機や人工衛星に使われる部品は、非常に厳しい品質基準が求められています。

しかも、量産品ではありませんので、型を使って作成することはできません。

人間の手で作る必要があるのです。

(探査機一つ打ち上げるのに、莫大なコストがかかるのは、こういった厳しい品質基準や手造りの作業であることが影響しています)。

そのような難題をこなすことのできる日本の町工場は、大手企業でつくるのは難しい技術がまだまだ残っているのです。

 

 

さらに、探査機や人工衛星は打ち上げて終わりではありません。

軌道制御やシステム完成、ロケットを追跡する地上局の設備保守などの運用があります。

これらは主に

  • NEC
  • 富士通
  • 三菱電気

のグループ会社が行っていることが多いのですが、中には

  • 宇宙技術開発株式会社

のように、大手企業のグループ会社ではない企業もあります。

この軌道制御や運用は地味ですが非常に重要な役割です。

最近だと準天頂衛星システム「みちびき」が4機打ち上がって、話題になりましたね。

初号機、2号機、4号機は少し変わった楕円軌道を描いています(3号機は、静止軌道上にあります)。

地上から見ると8の字を描いているようにみえるのです。

この「みちびき」は、GPSや防災・災害発生時のサービスに利用されるので、日本の真上に最低1機の「みちびき」が来るため必要があるのです。

そのため、このような軌道を取っているのです。

常に日本の上空に「みちきび」がいる状態を作るためには、人工衛星を制御する必要があります。

GPSを使おうと思ったら、軌道がずれていて、日本の上空を通らなくなっていたのでは、意味がありません。

また、他の人工衛星に接近しすぎると、事故が発生する可能性もあります。

万が一衝突したら、一大事です。宇宙空間では破片が消えてなくなることはありませんので、これらはゴミとなって、地球上を回り続けます。

秒速約8kmの物体があたる威力はすさまじいものです。

小さなゴミでも、あたりどころが悪かったら致命傷になります。

特にISSなどの宇宙ステーションに衝突すると、小さな穴から空気が漏れて、一大事です。

こういった事故が発生しないようにするためにも、軌道を一時的にずらしたりといった運用は非常に重要になってくるのです。

しかも、人工衛星の軌道計算は、重力の影響だけでなく、空気抵抗などさまざまな影響を受けますので、数値計算が必須です。

人工衛星そのものは、部品を組み立てるという作業ですが、運用はソフトウェアを使った状態監視や軌道計算になります。

さらに人工衛星の制御プログラム更新も重要な仕事です。

人工衛星の製作は、ものづくりだけでなく、ソフトウェアを使った運用もあります。

そのため、NEC、富士通、三菱電機だけでなく、そのほかの企業もたくさん関わっているのです。

将来の就職で、宇宙関連の仕事に就職できることを願っています。