ひらめき★ときめきサイエンス 2020年宇宙関連まとめ

大学の実験は面白い! 宇宙一般興味

2020年は新型コロナウイルスの影響で、各種イベントが中止・延期となったりする事態が発生しています。

しかし、2020年7月6日現在、「ひらめき★ときめきサイエンス」に登録されている宇宙関連のプログラムがありますので、ここで紹介いたしますね。

ひらめき★ときめきサイエンスとは?

大学や研究機関で「科研費」よより行われている最先端の研究成果に、小学5・6年生、中学生、高校生の方が、

 

直に見る、聞く、触れる

 

ことで、科学の面白さを感じてもらうプログラムです。

例年、6月ぐらいから翌年の3月までの間にプログラムが実施されます。

ただし、2020年は新型コロナウイルスの影響で、プログラムの公開が遅れています。

実施予定の宇宙関連プログラム(2020年7月6日現在)

2020年7月6日現在の実施予定プログラムです。

詳細については、各プログラムの公式アナウンスをご確認願います。

もしも君が杜の都で天文学者になったら(もし天)

研究機関名:東北大学

開催日時 :令和2年12月22日(火)-令和2年12月28日(月)

募集開始 :9月上旬予定

受講対象者:高校生

募集人数 :12名

場所   :仙台市天文台、東北大学理学部

参加費用 :22,000円(宿泊費、朝食代、諸経費)+交通費、食費

内容   :

4人1チームで、本物の天文学者が実際に研究するときのプロセスに沿った流れで、テーマ決め・計画・プレゼン、観測、データ解析、成果発表を行います。

各チームに力強いサポーターがついていますので、相談しながら進めて行くことができます。

 

もし天公式サイト

 

※2020年版は、8月頃更新予定だそうです。

われら地球人:太陽系ツアー2020

研究機関名:宮城教育大学

開催日時 :令和2年12月12日(土)

募集開始 :受付中

受講対象者:小学校5・6年生

募集人数 :20名

場所   :宮城教育大学 理科学生実験棟 地学第1実験室、宮城教育大学天文台

内容   :

理科の中で一番難しいのが「天体観測」。

昼間は太陽の光が邪魔をして、他の星を見るのが非常に難しいのです。

今回のイベントでは、インターネットを用いて時空を超えた天体観測を体験したり、晴天時には、実際に大学の天体望遠鏡を用いて、月や惑星、星々を実際に観測したりします。

 

われら地球人:太陽系ツアー申し込みサイト

 

明日へつなぐロケット体験教室 Final -本物のロケットの感動-

研究機関名:埼玉工業大学

開催日時 :令和2年10月17日(土)
令和2年10月31日(土)
令和2年11月22日(日)
令和2年12月5日(土)

募集開始 :受付中

受講対象者:中学生・高校生

募集人数 :各回8名

場所   :埼玉工業大学

内容   :

ロケットの原理や構造を学びながら、ハイブリッド・ロケットを皆さんの手で組み立て、屋内で発射実験を行います。

※来年度からは埼玉工業大学では、この体験教室を実施しません。

10月17日(土)申し込みサイト

10月31日(土)申し込みサイト

11月22日(日)申し込みサイト

12月 5日(土)申し込みサイト

すばる望遠鏡のデータから加速膨張する宇宙の運命を決めよう!

研究機関名:東京大学 カブリ数物連携宇宙研究機構

開催日時 :2021年3月22日(月)

募集開始 :受付中

受講対象者:高校生

募集人数 :40名

場所   :東京大学 柏キャンパス Kavli IPMU

内容   :

自らの手で物理法則を使って、月や銀河の距離を測定できることを学び、すばる望遠鏡のデータに触れ、宇宙の謎に取り組む体験をします。

申し込みサイト

見えない粒子に聞く宇宙と物質の根源

研究機関名:東京大学 宇宙線研究所

開催日時 :令和3年3月26日(金)

募集開始 :受付開始前

受講対象者:中学生・高校生

募集人数 :25名

場所   :東京大学宇宙線研究所神岡宇宙素粒子研究施設

内容   :

スーパーカミオカンデの研究現場を見学するとともに、霧箱という実験装置を作って、見えない粒子を観測します。

 

申し込みサイト

 

2020年プログラムの注意点

2020年7月6日現在、いくつかのプログラムが発表されていますが、これはあくまで実施する見込みの元での情報です。

新型コロナウイルスの流行状況によっては、プログラムの内容が変更になったり、プログラム自体が中止になる可能性もあります。

せっかく申し込みして当選したのに、中止になってしまう可能性も捨てきれません。

 

けれども、先のことは誰にもわかりません。

中止になってしまうのは大変残念なことです。

ですが、もしかしたら実施されるかもしれません。

もし、興味があるようでしたら、申し込んでみてはいかがでしょうか?

申し込んだ君が、プログラムに参加できることをお祈りしています。

それでは、また。