天文学の入門本より詳しく知りたい!おすすめの本はこれ。

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

天文学の入門の本はたくさんあります。

それこそ小中学生向けの入門の本から、大人向けの入門の本まで・・・。

しかし、宇宙を学べる大学を目指す君にとっては、入門書レベルでは満足しないはず。

とはいえ、専門書を読むには難しすぎるかも・・・。

 

そこで、今回はこんな入門書と専門書をつなぐレベルのテキストを紹介します。

 

 

天文学は物理や数学の力を借りて、実際に起こっている現象を解明しているのですから、数式がたくさん出てくるのは当然のことです。

けれども、数式があるおかげでシミュレーションによる実験ができたり、CGを作ることができるのです。

結果として私たちのイメージの手助けになるのですから、数式はこれほどありがたいものはありません。

 

重力波が発生した様子のシミュレーションや太陽系形成のシミュレーションをプラネタリウムで見ることができるのは、まさに数式のおかげなのです。

 

 

ところが、天文学を本格的に学ぶとなると、最低限、大学で学習する物理や数学を学んでいることが前提になっています。

つまり、天文学の専門書を読むためには、大学で学習する物理や数学の知識が必要不可欠です。

そのため、天文学の専門書は、高校生の君が読むには難しいものになってしまっています。

 

さらに、天文学特有のお約束ごともさらっと使われていたりします。

知ってしまえばなんてことはないのですが、知らなければ何のことだかさっぱりわかりません。

天文学を高校で学習するには高校で地学を学習することである程度の知識を得ることができます。

 

 

ただ残念なことに、高校で地学基礎と地学を選択できる学校は非常に少なくなってしまっています。

この影響のせいで、独学で地学を学習しようにもそもそも高校地学の参考書や問題集がほとんど発売されていないという問題に直面します。

そのため、宇宙に関する知識も高校では学習することは非常に難しくなっています。

これでは、専門書を読むときに感じるギャップは解消されません。

 

 

そこでアストロ部では、数式を使わずに解説しており、しかも入門レベルより上のレベルを書いてある書籍を探しました。

何冊か候補はあったのですが、ある分野に特化していたり、発行年数が古かったりと、なかなかいい書籍を見つけることができませんでした。

そんな中見つけたのが、民間検定試験の一つである

 

天文宇宙検定の公式テキスト

 

です。

 

検定試験は、4級から1級まであり、

 

  • 4級:小学生高学年で学習する天文学の範囲、
  • 3級:中学で学習する天文学の範囲、
  • 2級:高校地学で学習する天文学の範囲、
  • 1級:大学で学習する天文学の範囲

 

となっています。

 

この天文宇宙検定には、各級に対応したテキストと問題集があります。

その中でも3級と2級は改訂の頻度が高く、最新の天文学の内容が収録されています。

 

3級、2級のテキストは各項目が数ページにまとまっていて、最後に問題が掲載されています。

もちろん、解答もついています。

 

さらに、オールカラーになっているので、どんな色をしているのかも見てすぐわかるようになっています。

 

 

テキストや問題集は4級から1級までがありますが、今回おおすすめするのは2級です。

高校地学の範囲ですが、天文学に特化している分、一つの単元の内容も高校地学の教科書よりも詳しく解説してあります。

なにより難しい数式は一切出てきません。

 

また基本的には上記の範囲ですが、それ以外の項目として、宇宙探査、宇宙開発、暦や天文学の歴史なども解説されています。

さらに、太陽系の他の恒星にも多くの星で惑星が公転していることが判明いたしました。

かつては太陽系しか惑星が存在しないと思われていた時代もありましたが、いまでは恒星の周りに惑星が回っているというのが常識になりました。

2017年に地球に似たような環境であると推測された惑星が発見されました。

 

こうなると次に期待できるのは、宇宙には生命が存在するかということになります。

 

 

このように、いま宇宙に生命が存在するかもしれないと期待が持てるようになってきました。

昨今の探査計画を見ると、この生命探査に関わる内容の探査計画がたくさん出てきています。

すなわち、宇宙の生命に関するアストロバイオロジーが注目されてきています。

このような話題も天文宇宙検定のテキストの2級には出てきます。

 

 

これならば、今どんなことが起こっているのかも知ることができますね。

天文学は日々の研究で今までは想像でしかなかったことが、常識となってくることもあるのです。

 

例えば、想像上の産物であるとされてきたブラックホールも存在が重力波の観測によって確実視されていました。

 

 

また、どうして鉄より重い金属が宇宙にはたくさんあるのかということも明らかになってきました。

 

このように天文学は日々内容がアップデートされる分野なので、できるだけ最新の天文学の内容が書かれているテキストが望まれます。

この天文宇宙検定のテキストは、まさに宇宙のことを知りたいという君にとっては最適の本なのです。

 

 

天文学に関して、もう少し深く知りたいなと思ったら、このテキストを読んでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

天文学を本格的に学ぶときには、大切なことです。

宇宙を学ぶ、高校の選択科目は? まずは物理の重要性
宇宙を学ぶために高校理科の選択科目は何を選んだらいいのでしょうか? 地学は直接天文分野があるので魅力的ですが、理系で選べるところが少ないという現実があります。ここでは、大学で宇宙を学習する上でもっとも重要な高校の選択科目について解説します。