スタディサプリ ベーシックコースの値上げについて

タブレット 勉強方法

月額980円(税抜き)という破格の価格で実力は講師陣による高品質な授業の動画を閲覧できたスタディサプリ。

2020年2月18日(火)正午より、スタディサプリベーシックコースの提供価格が月額980円(税抜き)から月額1,980円(税抜き)に改定されます。

スタディサプリ、ベーシックコースの値上げの意図

2012年よりオンライン予備校サービスとして始まったスタディサプリ。

今回の値上げの意図は、公式サイトの発表によると以下の理由からだそうです。

 

  • 今後さらに重要度が増していく英語学習に向けた講義動画や各種トレーニング機能の強化
  • 2020年度以降に施行される新指導要領への対応
  • いつ、何を学習すればよいかが明確になる学習プランニング機能の提供
  • 学習した内容を定着させるための演習問題・定着度確認テストの拡充
  • その他、オンラインサービスならではの効果的・効率的な学習体験の実装

スタディサプリ小学・中学・高校・大学受験講座 ベーシックコース価格変更のお知らせより

2020年度からは大学入試試験の出題傾向が変わるだけでなく、その後、学習指導要領の改定もでてきます。

学習指導要領が変更になることによって、いままでとは同じものを提供していてもよくないと判断したからかもしれません。

ただ講義を受けるだけの受けっぱなしの状態からの脱却を張るため、スタディサプリの弱点でもあった演習問題や定着度確認テストの拡充がなされるというアナウンスは朗報ですね。

サービスが充実しても値上げは痛い・・・

いくらサービスが充実していても、毎月かかる費用が1,000円以上も余計に増えるのですから、かなりの痛手です。

毎月、お昼代1食から2食分で、授業動画見放題だったのにさらにもう1食から2食分追加されるのですから・・・。

 

でも、今回の値上げは2020年2月18日(火)正午以後に

 

  • 新規でサービスを申し込んだ方
  • 再申し込みした方

 

の値上げなのです。

つまり、2020年2月18日(火)のAM11:59までにベーシックコースの申し込みが完了していれば、月額980円(税抜き)でOKなのです。

また、2020年2月18日(火)の正午以後に無料期間が終了し、初回支払いが発生する方も月額980円(税抜き)です。

 

もし少しでもスタディサプリを検討しているのであれば、2020年2月18日(火)AM11:59までに申し込みを完了させた方がお得という訳なのです。

 

スタディサプリのメリットとデメリット

スタディサプリは、さまざまなレベルの授業の動画を見ることができます。

すなわち、自分のスケジュールに合わせて授業動画を見ることができるのです。

部活や学校行事などがあったときでも、スケジュールを自分で調整して進めることができるのです。

塾だと補講をやってもらえるかもしれませんが、基本的に塾の都合で授業が行われます。

場合によっては、

 

「学校行事と塾どっちを取るの?」

 

という選択をせざるを得ないこともでてくるかもしれません。

 

また、ライブ講義だとうまく聞けなかった部分は、そのまま流れてしまいます。

もちろん、あとで先生に質問することもできますが、疑問に思った状態のまま授業を受けることになりますので、授業の理解度は下がってしまうこともあります。

しかし、動画配信の場合、理解できなかった部分を繰り返し見返すことができますので、自分が理解できるまで見返すことができるのです。

 

 

一方、スケジュール管理のメールは配信されるとはいえ、自分でスケジュール管理をして学習を進めていくことが求められます。

つまり、自分の意思で学習を進めていく必要があるのです。

スケジュール管理がうまくできないと学習が思うように進んでいきません。

このあたりのマネジメントが自宅学習では必要になってきます。

 

しかし、塾に通うことが難しいのであれば、塾に通っている人と同じような講義を受けることができるというメリットは非常に大きいと思います。

塾は人が集まる場所に集まります。

そのため、どうしても地域格差がでてしまうのです。

けれども、動画配信はインターネット環境が整えば、だれでも見ることができるのです。

しかも月額980円(税抜き)で!

もし、少しでもスタディサプリを検討しているのであれば、値上げ前の申し込み完了をおすすめします。

詳しくは、スタディサプリの公式サイトをご覧ください。