オンラインイベント iTHEMS × academist 4月18日開催!

外出自粛でオンライン会議 宇宙一般興味

2020年の春は、新型コロナウイルスの影響でイベントの延期・中止が相次いでいます。

最新の宇宙の講演を聞く機会がなくなってしまうのは、仕方のないこととはいえ、なんだか残念ですね。

そんな中、理化学研究所数理創造プログラムでは、2020年4月18日にオンラインイベントを開催します。

新型コロナウイルス感染症対策による、あいつぐ自粛

新型コロナウイルス感染症の最大の問題は、確立された治療法がないことです。

治療法や薬剤が発見されたわけではなく、これがいいらしいから治験で確かめてみようというレベルなのです。

そして、重症になったり、合併症を引き起こしたりしてしまうのです。

治療法や薬剤がないからこそ、新型コロナウイルスが広まらないように、一人一人が外出自粛などを行う必要があるのです。

そのため、特に「3密」の環境になりやすい講演会場や教室・部屋などを使ったイベントが自粛になるのです。

イベントが開かれないのは大変残念なことですが、今、新型ウイルスの拡散を防がなければもっと大変なことになって、イベント自粛がさらに長期化してしまうのですから、こればっかりは仕方ないですね。

全てのイベントが自粛になるの?

今まで主に開催されてきたイベントというのは、どこかに集まって講演を聴いたり、体験したりというものが主流でした。

ライブだったり、体験だったりというわけです。

 

でも、なぜイベントが自粛になっているのかというと、「3密」

 

  1. 密閉空間(換気の悪い空間)
  2. 密集場所(多くの人が密集している)
  3. 密接場所(互いに手を伸ばしたら届く距離で会話や発声が行われる)

 

の環境になりやすいからです。

3つの密を避けましょう

「3つの密を避けましょう」厚生労働省ポスターより

 

わざわざこのようなポスターを貼ってまで書いたのは、全てのイベントが中止になるわけではないということを言いたかったからです。

すなわち、「3密」を避けられるイベントであれば、開催できるのです!

「3密」を避けることができるイベント開催!

一体どのようにして「3密」を避けることを可能にしたのでしょうか?

 

 

答えは、

 

オンライン

 

です。

すなわち、インターネット越しに会議をする形をとれば、自宅に居ながらしてイベントに参加できるというわけです。

これならば、「3密」の状態にならずに、イベントを開催できるというわけです。

この方法で、イベントを開催しようと主催したのが、

 

理化学研究所 数理創造プログラム(iTHEMS)

 

です。

Web会議サービス「Zoom」を使って、オンラインでイベントに参加できる仕組みです。

以下に概要を掲載します。

 

開催日時:2020年4月18日(土) 10:00-17:00

会場  :Web会議サービス「Zoom」

参加費 :無料

備考  :イベント参加申し込み後、イベント会場URL送付

途中参加・退場OK

 

講演は6名の先生が行います。

  1. 横倉 祐貴先生 「ブラックホールに入ったリンゴはどこへ行く?」
  2. 入谷 亮介先生 「ゲーム理論で学ぶ男女比の進化:学級の男女比はなぜほぼ一対一なのか?」
  3. 入江 広隆先生 「量子コンピュータって何?どう使うの?」
  4. 廣島 渚 先生 「暗黒物質の色は何色?ー 見えないモノを調べる方法 ー」
  5. 宮﨑 弘安先生 「世にもふしぎな素数の世界~まだこんなことがわからない~」
  6. 田中 章詞先生 「人工知能に絵を書かせる方法」

 

詳しい内容や最新の情報は、理化学研究所「iTHEMS × academistオンラインイベント」の公式サイトをご覧ください。

 

iTHEMS × academist オンラインイベント

 

 

イベント自粛が叫ばれる中の、数少ないイベントですので、参加してみてはいかがでしょうか?

それでは、また。